消費者金融の審査で利用する書類は?

Posted 3月 6th, 2014 by asadmin

消費者金融では、アルバイトや非正規雇用の社員でも融資を受けることができる、また保証人なども必要なく、インターネット上からの手続きのみで審査の申し込みが完了するということもあり、非常に人気が高いのだそうです。


消費者金融の審査で利用するもの

消費者金融でお金を借りるときに必要なものは原則として、本人確認書類のみです。公的に身分を確認できるものであれば構わないので、免許証や保険証の他、二十歳以上で学生であれば、学生証を利用できるケースもあります。免許証の場合は免許証番号という識別ナンバーが利用できるので、インターネット申し込みでは非常に便利だと言われています。


30分程度で結果が出る

おまとめローンなどの場合は、まとめる融資をすべて調べる必要があるので時間がかかりますが、通常のフリーローンでは、多くの場合に1日以内、早いものでは30分以内に結果が出ると言われています。結果も携帯電話に電話をもらう、指定したメールアドレスに送ってもらうなど方法を選ぶことが可能な会社もあるそうです。返済や借り入れは提携を行っているATMからであれば、どこからでも引き出し、返済することが可能なので場所に困ることも少ないと言われています。

消費者金融を守る法律

Posted 3月 6th, 2014 by asadmin

消費者金融では、利用者と会社を守るために定められている法律に乗っ取って、ルールや制限が決まっています。この法律は貸金業法と呼ばれていて、平成18年に改正されました。現在は改正された貸金業法を守ることが義務付けられています。


法改正で消費者金融が変わったこと

この貸金業者の改正で消費者金融が変わったのは、明確に融資の上限ができたことです。今までは返済が可能な範囲を会社が判断するものでしたが、改正により年収の3分の1までしか利用者は借り入れが出来ない、会社が貸すことも禁止という形になりました。上限が数字で決まったので、多くの消費者金融の簡易審査などでシミュレーションができるのは、この上限に達していないかをチェックするものです。


過去に支払ってしまった利息は大丈夫?

大幅に見直されたことの原因の一つに、上限金利を超えた利息を契約し、支払わせていたということもあったそうです。現在は法改正や、国の監視も非常に厳しくなりましたが、過去、支払い過ぎてしまったという可能性がある場合は調べてみましょう。返済から10年以内であれば、キチンと返金請求を行うことができます。また請求したという履歴はどこにも残りませんから、現在借り入れを考えている人も安心してください。

消費者金融の利息計算方法

Posted 3月 6th, 2014 by asadmin

消費者金融では利息のページに年間にかかる利息をパーセンテージで表記していることが非常に多くあります。また一部のホームページには、実質年率と表記していることもあります。消費者金融の返済方法や利息の計算方法をご紹介します。


消費者金融の実質年率って?

消費者金融ではおおくの場合、利息に実質年率という金利計算方法を利用します。実質年率とは、大まかに説明すると、年間に支払う利息の金額を借り入れ金額で割った数字です。消費者金融では返済に、残高スライド式リボルビング返済という方法を利用していることから、毎月の返済金額が固定されています。返済の計画や見通しは立てやすいのですが、返済がどこまで進んでいるかなど、追加借り入れしてしまうとわからなくなってしまうというデメリットも考えられています。


利息は返していないお金で決まる

実質年率では、まだ返済をしていないお金に対して決まった利息をかけています。そのため、返済の最初のうちは利息分の負担が大きくなりやすいというデメリットがあります。そこで、利用したいのが、無利息期間などのサービスです。このサービスを利用することで一番利息の高くなる最初の返済で、利息の負担をゼロに返済を進めることができるので、非常にお得になります。審査の前に確認してみましょう。

消費者金融の限度額ってなに?

Posted 3月 6th, 2014 by asadmin

消費者金融には限度額というものがあります。よく広告などで最高限度額などと書いてあるかと思いますが、これは融資ができる最高金額ということです。消費者金融では審査を行い、最高で年収の3分の1までの融資が可能です。この制限は貸金業法の総量規制という制限で定められているものです。


消費者金融の即日審査

即日融資やスピード融資と呼ばれるものが、消費者金融では最も有名な商品と言われているそうです。しかし、限度額がこのようなスピード融資では低くなってしまうというデメリットがあると考える人もいるそうです。この理由に、これからお金を借りる人の判断裁量が足りないということも挙げられています。消費者金融では審査で過去のお金の履歴や、収入などを調べるのですが、やはり実際に返済を行うまで、本当に返済をきちんと行うかを判断しきれないというものです。


返済をきちんと行うことで限度額があがる?

限度額には年収によって上限が存在するのは仕方ないことですが、それでも制限内で高く利用できたほうがいいですよね。スピード融資などで限度額が低い場合、まずは返済を期日通りに、ちゃんと行うことが大切なのだそうです。お金を貸しても返済に支障がない、と会社が判断すると限度額が上がるということもあると言われていますから、計画的に利用することでより便利になると言えるでしょう。

消費者金融の選び方

Posted 3月 6th, 2014 by asadmin

少ない金額を保証人無で貸してくれるサービスを行う金融機関に消費者金融があります。アルバイトなどの非正規雇用者でも、安定した収入が毎月、キチンとあると審査で認められれば、すぐにお金を借りることができると非常に評判がいいそうです。


消費者金融を比較して選ぼう

数多くある消費者金融から、自分にあった消費者金融を選ぶのはすごく難しい気がしますよね。お金に末わる専門用語などもあるように思えて、敷居が高いイメージもあるかもしれません。しかし、最初に利用するときに比較するのは、そんなにたくさんの項目ではないのです。まずは比較したいのは利息です。利息が高いと返済するときの負担が大きくなりますから、数字の小さいほうが返済では便利でしょう。


ATMの場所や手数料を調べよう

消費者金融では限度額というものを決め、その金額内であれば返済がまだ全部終わっていない状態でも、追加で借りることができます。また借り入れや返済にはATMを利用することが多いようです。その会社のATM以外にも現在は、コンビニエンスストアと提携している会社も増えているので、利用できるATMの時間帯や、手数料などがどのくらいなのかを確認しましょう。手数料は案外馬鹿になりません。